テクノロジア湘南です。
今日はニューヨーク近代美術館の最新情報の中から、イタリアのデザイナーが日本の折り紙をヒントに生み出したスタイリッシュなデザインのKaleidos バスケット をピックアップしました。

艶めくメタルのエレガンスと近未来を感じさせるデザインを持ち合わせたメタル多次元構造のALESSI Kaleidos は、包み込んだものをメタルに反射し掛け合わせ、交差しながら無限に繋げていくので、まるで万華鏡のような光景を生み出します。

Kaleidos バスケットは、見慣れた日常生活のテーブルに、近未来のエレガントな空間をスポットライトのように浮かび上がらせます。

素材
18/10 ステンレススチール

生産国
デザイン:イタリア 製造:イタリア

サイズ (cm)
φ26×9

制作年
2015

カートはこちらから↓
icon
icon

日本伝統の折り紙からインスピレーションを受けて、折り紙のダイナミズムを金属で再現しようとしたバスケット‘Kaleidos’です。一見簡単そうですが、金属を用いて紙の軽やかさを再現しながら要求通りのデザインをカタチづくるには、複雑なプロセスが求められます。
‘Kaleidos’は、シート状の金属をレーザーでカットして作られるのですが、構成する6つの部分をきちんと折り曲げるために、繊細な機械の操作を何度も必要とします。その過程を経て‘Kaleidos’という名前が指し示す通り、その中にあるものを反射し掛け合わせ、交差しながら無限に繋げていく「万華鏡」のようなアイテムが完成するのです