テクノロジア湘南です。

今日はフランスの名門バッグブランド、TAMPICO(タンピコ)をご紹介します。

TAMPICO(タンピコ)は、フランスのボルドー郊外にある革製品の産地として知られる小さな町、ムシダンで1928年に設立された J.MARTIN TREPOINTES社のバッグブランドです。

J.MARTIN TREPOINTES社は、設立当初から、高級革靴のウェルト(底革部品)やレザー、ラバー、クレープのソールといった資材を生産し、高く評価されていたメーカーで、その中でも特に靴のウェルト生産の技術は非常に高く、ヨ-ロッパの高級靴ブランドに資材を供給していました。

その革製品の高い技術力を持ったJ.MARTIN TREPOINTES社の社長である、Mrs. Nicole Martinが1992年にバッグと生活雑貨のブランドTAMPICO(タンピコ)を立ち上げました。

TAMPICOとは材料である革「TAM」とジグザグを表す「PICO」を合わせていて、革製品を縫製する工程をイメージさせるブランド名です。

TAMPICO(タンピコ)の魅力は、長年の経験によって培われた、「素材の良さ」、「丈夫さ」、「ディティールのすばらしさ」はそのままに、特別な日に使うものではなく、日常使いすることで生活に溶け込む、上質なアイテムを作っているところです。

ブランド誕生当初から、1点1点職人の手によって丁寧に作られており、20年以上たった今でもそれは変わらず続いています。現在ではフランスでもこのようなブランドは貴重な存在になってきています。

TAMPICO (タンピコ)

OXFORD BAG(オックスフォードバッグ)NAVY×PIMENT

 

お出かけの相棒に

発色が美しいコットンキャンバス生地に、全体を引き締める黒のレザーストラップ。シンプルでありながらも、一目で質の良さが分かるバッグです。そのため日常使いだけでなく、きちんとした場面でも使うことが出来るので、年間を通して出番の多いバッグになりそうです。

icon
icon

毎日使いたいバッグ

毎日持ち歩くバッグに求める条件として、軽さと持ちやすさはとても大切なポイントです。

OXFORD BAG(オックスフォードバッグ)NAVY×PIMENTは、そのしっかりとした雰囲気の見た目とは対照的に、持ってみると軽くレザーのハンドルは柔らかいと感じます。

それは、生地には軽くて丈夫なコットンキャンバスを使用し、レザーハンドルには使い始めから持ちやすいよう、柔らかく手に馴染むように加工がされているからのこと。

これは、長年レザーを扱ってきた工場だからこそ出来る使う人を考えた配慮のある工夫と感じます。そして、アクセントになっているステッチや、落ち着いた色の金属パーツなど細部にまでこだわったデザインは社長でもあるNicoleによるもので、フランスらしい華やかさと気品が感じられるTAMPICO(タンピコ)のデザインは世界中で愛されています。

icon
icon

商品特徴
◇コットンキャンバスとショルダーとパイピングがレザーのトートバッグです。
◇マグネットタイプなので開けやすい仕様です。

icon
icon

サイズ 幅約27×奥行き5.5×高さ25(cm) ※ショルダーストラップ含まず
icon
icon

重量 約290g
icon
icon

素材 コットン、牛革

icon
icon

製造国 フランス
icon
icon

OXFORD BAG in all canvas NAVY×PIMENTは、丸い形とネイビーとレッドのコントラストが可愛らしいバッグ。マグネットで開閉出来るので、いつでもサッと中身を取り出せます。バッグの内側の外から見えない部分にもしっかりパイピングが施された丁寧な作りも嬉しいですね。定番のバッグとして活躍してくれる、使い勝手の良いバッグです。
icon
icon

👉OXFORD BAG(オックスフォードバッグ)NAVY×PIMENT
icon