テクノロジア湘南です。

岡山県笠岡市で、 熟練の職人が丹念に作る石田製帽のオリジナルブランド、DAY STROWS(デイストローズ)を紹介します。


創業118年の帽子メーカー石田製帽は、長く愛される、「大切にしたくなる帽子」づくりで、柔らかく、ソフトな被り心地と軽さが特徴の麦わら帽子を作ります。

麦わら帽子は、細い4mm幅極細のブレード編みが出来る技術と素材と縫製にこだわった傑作品で、フランスのコンクールでも2位に選ばれるほど美しいデザインです。

hat1
涼しげに演出

女性のおしゃれな夏の帽子としても注目の麦わらのカンカン帽。
日本では、古くは男性の正装として世間に認められていたカンカン帽は、被るだけで夏らしく涼しげで軽快な印象になったり、ジャケットスタイルに合わせれば、おしゃれ上級者の雰囲気となり、ファッションの観点から注目される帽子となっています。

hat2

被り心地の良さ

石田製帽が細いブレード素材の縫い合わせに使うのは、帽子専用の「環縫いミシン」。それは上糸一本だけで縫い上げていくため、ニットと同じような構造で 帽子本体に伸縮性が出るようになっています。
その結果、まるで自分用に誂えたような被り心地になります。
このミシンの整備・縫製どちらも非常に難しいため日本でさえも希少な技術で完成される麦わら帽子なのです。

hat3

ファッションを邪魔しないプレーンでオーセンティックな DAY STROWS(デイストローズ)のデザインとその技術は、世界でも評価され、フランスの麦わら帽子コンテストに初出品で2位入賞という実績を持っています。
もともと、岡山で農業用の帽子を製造していたメーカーが、ファッションの国フランスで評価された理由には、世界が認める匠の技に、世界中から日本に素材が集められ、伝統技法を継承しながら、時代のニーズに合わせて進化してきたからのように感じます。

hat4

麦・いぐさの産地、岡山で誕生

国内で最も麦わら帽子がつくられているのが岡山県のメーカー石田制帽。 創業から受け継がれる技術で、きゅっと詰まった細やかな麦わら帽子が出来上がります。
職人によって一つ一つ丁寧にミシンで縫製される麦わら帽子からは、職人の手の温もり、日本人らしい細部にまで渡る繊細なものづくりの心を感じることが出来ます。
それは工業製品にない特別なもので、手にした人のそばで毎年夏の定番になり、長く愛用したい帽子の一つとして活躍してくれそうです。

hat5

シンプルで美しい麦わら帽子の、ほのかな麦の香りにどこか安心する石田制帽のDAY STROWS(デイストローズ)は、上質なものへのこだわりを持つ方にも、日々のお出かけの際に、実感して頂きたい逸品です。

hat6

DAY STROWS(デイストローズ)

👉麦わらフレンチ カンカンフランスリボン⭐️
icon