テクノロジア湘南です。

テクノロジーが進歩して、ロボットが身近な存在になってきました。

AI(人工知能)の進化により、ロボットと人が会話をする時代になりつつあります。
NTTドコモとの共同開発で生まれた、クラウド型おはなしロボット『OHaNAS(オハナス)』は、
まさにこれからの時代に必要とされるロボットです。

『OHaNAS(オハナス)』は家族と「おはなし」することを目的に開発されたロボットです。
このロボットのすごいところは、インターネットを経由してAIコンピューターとつながり、
進化し続けるところです。
pic_index01

会話で覚えたことやプロフィールにもとづいて、『OHaNAS(オハナス)』がおしゃべりをします。
pic_index11

しりとりや俳句も普通にできます。
pic_index04

さらに、便利な使い方ができるようにアプリがバージョンアップしていきます。

img_index05

未来を先取りしたロボット『OHaNAS(オハナス)』は、価格が19,800円(税抜き)です。
AI(人工知能)の進化はすごいと思わせるロボットです。
でも、価格はもう少し安いと良いですね。

【タカラートミー公式サイト】おはなしロボットOHaNAS(オハナス)
icon