テクノロジア湘南です。

モバイル回線をYmobileからPEPABO Wimax回線に切り替えて 1年4ヶ月が経過しました。
wimax6
そこで、PEPABO Wimax回線に切り替えて、悪かった点と反省点及び良かった点を述べます。

悪かった点と反省点

① WX01ルータのバッテリー持ちが短い。

ECOモードで使用しても、1日持ちません。約5〜6時間したら充電が必要です。

Ymobileのルーターはバッテリーが1日持っていたので、不便だなと思っています。

② WX01ルータは、WiMAX 2+(ハイスピードモード)とWiMAX(ノーリミットピードモード)の手動切り替えができない。

WiMAX 2+(ハイスピードモード)は、3日間で前日までの3日間で3GB以上を越えた場合、翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで、回線の通信速度が 最大0.128Mbpsに制限されます。

WX01ルーターは、基本的にWiMAX 2+に優先して自動接続してしまうので、動画を何本か見てしまうと4日目に通信制限がされます。実際、WiMAX 2+の回線速度制限がされたことがあるので、その時はWiMAXに切り替わる場所を探して、事務所内をウロウロしました。手動で切り替えが出来る、HWD15ルーターを選んでおけば良かったと思いました。

③ 特典はほとんど使わなかった。

キャッシュバックでは無く、いろいろ特典が付いていたので、サービス会社は【PEPABO WiMAX】を選びました。
しかし、特典は1年限りで、しかもほとんど使いませんでした。今はキャッシュバックを重視して、サービス会社を選んでおけば良かったと思っています。

④ 5台以上を同時に接続して使用すると、通信速度が遅くなる。

WX01ルターは、Wi-Fi:10 台/USB:1 台/Bluetooth:7 台 まで接続ができます。パソコン、タブレット、スマートフォン、ゲーム機などを簡単に接続できるところは便利です。
しかし、5台以上を同時に接続して使用すると、通信速度が全体的に遅くなる感じがします。

 

良かった点

① 回線速度は満足。

Ymobileの回線を利用していた時は、月間のデータ通信量の上限が7GBだったので、毎月20日前後から通信制限がはじまり、月末まで通信制限が続きました。あまりの遅さと使い勝手の悪さに我慢ができず、Ymobile以外の格安SIMの契約もしていました。データ通信量が3GBで980円のプランを利用していました。

PEPABO Wimaxにしてからは、WiMAX 2+(ハイスピードモード)とWiMAX(ノーリミットピードモード)の回線速度に不満を感じたことはありません。WiMAX 2+(ハイスピードモード)は、動画も快適に見ることができて最高です。通信速度が遅いWiMAXでも不満に感じることはありません。また、WiMAX(ノーリミットピードモード)は通信制限が無いのも魅力です。

Amazonのプライムビデオを契約しています。年間3,900円でいろいろ見る事ができます。HULU(フールー)やDTVビデオよりも安く、いろいろなデバイスで視聴できるので、非常にコストパフォーマンスが良いと思います。

② 通信費も納得価格

Ymobileの通信費用は、2年契約で3,680円でした。PEPABO Wimaxの通信費用は、2年契約で3,609円なので、通信が少し安くなりました。

③ 軽量でコンパクト

WX01ルターは、大きさが約109(W)×66(H)mmでPasmoやSuicaなどのICカードと比較すると一回り大きく、ちょうどICカードの定期券を入れる定期券ケースぐらいの大きさです。
iPhone6と比較してみると、コンパクトな感じがわかっていただけると思います。

wimax3

 

まとめ

あくまでも個人的感想ですが、ルーターはHWD15ルーターを選んでいたら、使い勝手が良く通信費も安くすることができて、動画も快適に視聴できる最高の選択だったかなと思います。


Wimaxサービス会社について

どの会社を選んでも問題ないと思います。基本的に、ルーター本体は無料です。
会社によって特典の内容が違いますので、お好きな特典で会社を選ぶのも良いかと思います。

 

◎【UQコミュニケーションズ】
WiMAXサービスを提供している会社です。価格的には一番高くなります。


◎【So-net モバイル 】
ソニーの関連会社が運営している会社です。


◎【PEPABO WiMAX】
いろいろな特典が付くサービスを売りにしている会社です。


◎【GMOとくとくBB】
ズバリ、キャッシュバック金額がWiMAX業界で1番良い会社です。


◎【BIGLOBE】
NECが運営している会社です。