テクノロジア湘南です。

2022年2月2日 午後3時過ぎに、FTXによるLiquidの買収が発表されました。

FTXを利用している日本のユーザーは、今後 Quoine を利用することになります。

ドラマチックな展開となってきましたので、しばらくは注目を浴びて、結果的に Quoine社 の知名度が上がることになるでしょう。

発表がされてからは、トークン[Qash]の取引量が通常の20倍以上に急激に膨らんで、価格もジェットコースターのように激しく乱高下しています。

下記は、本日のプレス発表内容です。


 

FTXは、日本のお客様に商品・サービスを提供するために、金融庁登録の暗号資産取引所を買収することを発表いたします。

東京、日本-2022 年 2 月 2 日-FTX Trading Limited(以下「FTX」といいます。)は、日本の暗号資産交換業者兼第一種金融商品取引業者である Quoine 株式会社(以下「Quoine」といいます。)の親会社である Liquid Group Inc.(以下「Liquid」といいます。)の買収にかかる契約を締結したことを本日発表いたします。この買収は、慣習的なクロージング条件が満たされることを前提に、2022 年 3 月に完了する予定です。

2014年に設立されたQuoineは、2017年に金融庁から日本において登録を受けた最初の暗号資産取引所の一つです。2021年10月に、Quoineは金融庁から第一種金融商品取引業の登録を受け、デリバティブ取引のプラットフォームをお客様に提供することを継続しています。FTXによるLiquidの買収後、QuoineはFTXの商品及びサービスを徐々に自社のサービスに統合していく予定であり、FTXの既存の日本のお客様はQuoineのプラットフォームに移行することとなります。

なお、この買収に関連して、当社は既存の日本ユーザーに日本の法令に準拠したサービスを提供することを目的として、Liquidと事業譲渡契約を締結し、2022年3月30日をもって当社の既存の日本ユーザーを、Liquidの完全子会社であるQuoineに移管します。

上記の事業譲渡を含めて、移行・移管に伴うサービスに関して、FTXのお客様には別途詳細について電子メールにてご案内を申し上げますので、そちらをご覧ください。

それぞれのリソースを組み合わせて活用し、日本及び世界の市場において、個人投資家及び機関投資家に商品と流動性を提供して参ります。

今回の取引に関する経済的条件は公開されていません。

FTX.COMについて

FTX.COMは、2019年に創業した、トレーダーにより、トレーダーのために設立された暗号資産取引所です。

FTX.COMの詳細については、https://ftx.com/ をご覧ください。

利用規約記載の通り、米国の居住者またはその他の禁止された法域の居住者は、FTX.COMを利用することができません。

Liquidについて

世界有数のフィンテック企業の一つであり、日本、シンガポール及びベトナムに拠点を有しています。2017年に日本の金融庁から登録を受けた最初の暗号資産交換業者の一つであり、2019年のグローバルにおける年間取引量は600億米ドル強。

以上


Liquid by Quoine